婦人科勤めの私が婦人科に入院手術したら卵巣ガンだったお話

婦人科勤務の私が婦人科に入院手術そして卵巣がんの治療を受けた話を綴ります。

卵巣がん ラスケモ後49-50日目 リハビリ復帰登山第二弾【赤城山と温泉旅行】

2022 GW後半戦、関東地方はお天気に恵まれています^ ^

 

ラスケモから50日が過ぎ、髪の毛は生え始めですが、眉毛も少しずつ「どこが眉毛か?」が分かる程度に生えてきました。

自由に生え過ぎているので整えなければならない感じですが(苦笑)

 

そんなGW後半の最中、私はまた一つ年を重ねました。

f:id:folliculogenesis:20220506112938j:image

昨年もタイミング良く咲いた、我が家の薔薇。

祖父母が植えてくれていたものですが、特に手入れもせずに今年も誕生日ドンピシャで咲いてくれました\(^o^)/

 

今年から今まで以上に特別に感じる誕生日。f:id:folliculogenesis:20220506112953j:image

サバイバーとして、誕生日を迎えるために何年経ったなぁと思うんだろうなぁと感じています。

 

そして、GW後半戦も登山に行きました!

渋滞に巻き込まれて若干スタートが遅れましたが、初級者コースということで、山に向かう車はまだまだたくさんありました。
f:id:folliculogenesis:20220506112942j:image

途中、綺麗なツツジを愛でながらドライブです。

 

そして、アチコチの駐車場が満車の中、昼前の時間だったので、下山する方もいて、その下山の方のスペースに車を停め、登山スタート❣️
f:id:folliculogenesis:20220506113034j:image

百名山の一つ、赤城山は黒檜山の登山口です。

赤城大沼のほとりの赤城神社の近くに登山口があります。

 

このお山、登り始めは岩が多いことで有名です。岩岩の急な登りですが、危ない感じではありません。
f:id:folliculogenesis:20220506113005j:image

この岩岩、トレッキングシューズでない方も登っていましたね〜。

 

登り切ると赤城大沼を見下ろせます。
f:id:folliculogenesis:20220506113012j:image

指(グローブ)が映り込んでますw

 

そこからヒィコラ登りました。すぐに心拍上がっちゃうので休み休みゆっくり登りました。
f:id:folliculogenesis:20220506113030j:image

で、赤城山(黒檜山)に登頂です!!

 

ちゃんと三角点もありますよ♪
f:id:folliculogenesis:20220506113019j:image

私にとって恒例の三角点タッチ♡

 

黒檜山からは絶景スポットがすぐ近くにあるので、行ってみました!!
f:id:folliculogenesis:20220506112956j:image

午後なのに遠くの山が見渡せます。

こちらは新潟と群馬の県境である、谷川岳連峰です。

谷川岳や平標山には登ったことがあります!

 

また比較的近いところでは

f:id:folliculogenesis:20220506113008j:image

武尊山が見えます。私はまだ登ったことがありませんー。

 

絶景スポットから振り返ると…
f:id:folliculogenesis:20220506113023j:image

日光白根山も拝めました!

 

GW前は登山道にも残雪があったようですが…
f:id:folliculogenesis:20220506112950j:image

今回は登山道には雪がなく、こんな感じでちょっとだけ残雪がありました。

 

そして、山頂からちょっと進むと…
f:id:folliculogenesis:20220506113015j:image

赤城神社の奥宮があります。無事の下山をお参りさせて頂きました〜。

 

続いて、黒檜山から赤城駒ヶ岳に向かいます。
f:id:folliculogenesis:20220506113000j:image

今度は岩ではなく、木段が多くとても整備されている道です。

 

何回か軽く登り下りして、、、
f:id:folliculogenesis:20220506112946j:image

赤城駒ヶ岳に到着です!!

こちらからは里山が小さく見渡せました。

 

駒ヶ岳からは赤城大沼まで下山します。
f:id:folliculogenesis:20220506113044j:image

途中、木段や鉄階段が多く、とても良く整備されていましたよ!

今回は11:40ごろから登り始めて、16:00直前に下山しました。

日が長いのでそんな時間でも登山者は多かったですね〜⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 

帰りは、常宿にしている赤城南麓の旅館へ。
f:id:folliculogenesis:20220506113037j:image

今回は半露天風呂が付いているお部屋です。

まだまだ頭髪が目立つほどに生えていないので…大浴場に行く勇気はまだ無いんですよねぇ…

 

そしてこちらが、
f:id:folliculogenesis:20220506113026j:image

夕飯の品々。山の幸だけを使ったお料理の数々です。

 

お風呂には何回も気兼ねなく浸かり、登山の疲れを癒しつつ、足のシビレも少しずつマイルドになったかなぁ…
f:id:folliculogenesis:20220506113040j:image

こちらは朝食です。美味しいものばかり、たくさん頂きました\(^o^)/

 

誕生日からの登山、そして温泉と盛りだくさんの2022GWでした!!

飛び石連休だった割には、シッカリ満喫できました〜٩(ˊᗜˋ*)و

卵巣がん ラスケモ後初登山【GWにまずは高尾山へ】

ブログに立ち寄って下さりありがとうございます!

 

私は遅まきながら登山デビューして7-8年経つのですが、

「あなたは癌の可能性がかなり高いから入院手術ね」と初診でいきなり言われた週の初めも、山登りをしておりました。

 

そして手術してから半年が過ぎ、ラスケモから1か月が過ぎた後にやってくる2022年のGWにて、登山を再開しようと、再開するなら「高尾山」だな、と密かにずっと考えていました(それこそケモ中も妄想登山してましたw)。

 

そしていよいよ2022GW前半戦。天気の変化が激しく雨で寒い日が多かった中、一日だけ晴れた日に、高尾山登山に出向きました。

 

しかも、ただの高尾山じゃ人も多いしつまらないってことで、裏高尾から(笑)

裏高尾、奥高尾とも呼びますが、高尾山のさらに奥には、小仏城山、小仏峠、景信山そして陣馬山と縦走できるルートがあります。もちろんどのルートも行ったことがあります。

昨年の7月頃には初めての「単独行」にて景信山から陣馬山へ向かったので、

今回、当初は景信山から小仏を通って高尾山を目指そうかと思っていました。

 

がんの治療だけでなく、病後のリハビリ登山として縦走登山をする中で、高尾山を最後にする事にはメリットがあります。

それは、一般的にも良く登られている高尾山ですので、ケーブルカーにリフトと言った乗り物があることが第一です。

歩き疲れたり、体力の限界を感じたとき、ケーブルカーやリフトに助けてもらうことも可能です。

また、薬王院というお寺があるので、山道にも関わらず、外灯が整備されている場所があり、遅くなってしまっても真っ暗の山道になる事がありません。

一号路を歩く場合、とても急な坂道ですが舗装されているため、木の根や岩などで転倒する恐れがありません。

茶店も多く、売店も多くあるため、お腹がすいたり喉が渇いても「なんとかなる」可能性が高いです→だからと言って頼りすぎてはダメですが。

また、高尾山口駅が近いため、下山すればバスなどの時間を心配せずに公共の乗り物に乗ることが可能です。

 

そんなわけで、山を歩いてみたいな、と思っていつつ、もうちょっと欲張りに歩いてみたいと考えるのであれば、高尾山をゴールにするルートを組み立てることをお勧めします(/・ω・)/

 

そんなわけで、今回は高尾駅北口からバスに乗り「小仏」バス停からスタートしたのですが・・・・・

f:id:folliculogenesis:20220506112356j:image

なんとこのバス停についたのが午後。起きられなくて午後スタートになってしまいました。それでも何とかなるのが高尾山の良いところ(良い子はマネしちゃダメw)。

 

こーーーんなに良いお天気なんですよ。ちなみに小仏バス停は中央道のすぐ脇です。
f:id:folliculogenesis:20220506112336j:image

下山してくる方々とすれ違いながら進んでいきます・・・

 

道中の民家では美味しい梅干しなどを売っていますよ^^f:id:folliculogenesis:20220506112324j:image

今回はミョウガの梅酢漬けを買わせていただきました!

 

山藤かな?山桜かな?きれいなお花を見ながら歩いていきます(舗装道です)。
f:id:folliculogenesis:20220506112230j:image

 

今回、景信山からスタートする予定でした。

ということは、ここから登っていくのですが・・・。何せ午後スタート。

高尾山に着くのが夕方になってしまうと思われたので、今回は景信山は諦めて、一つ先の小仏峠に向かうことにしました(歩き始める前にルート変更をしました)。

f:id:folliculogenesis:20220506112305j:image

景信山へはここから結構急な山道を登ることになります。

 

しばらく車道を歩くと駐車スペースがあって、登山道が始まります。

道中にはこのような水場もありますよ。
f:id:folliculogenesis:20220506112226j:image

↑これは私ではありません(-_-;)

 

かなり整備されている歩きやすい登山道を登っていくと、到着するのが・・・
f:id:folliculogenesis:20220506112257j:image

こちら。小仏峠です。中央道の渋滞のメッカ、小仏トンネルの上ですね。東京の街並みが見下ろせます。

 

ここで、先ほど買ったミョウガとオニギリで小休憩。
f:id:folliculogenesis:20220506112637j:image

小仏峠に着た途端、登山者が増えました。陣馬から歩いてくる方が本当に多い気がします。こんな午後の時間でも(;^_^A

なんとなく時間も気になるので、もう少し歩いて小仏城山に向かうことにしました。

 

 

小仏峠にはタヌキの置物がありますよ。でも、前日までの雨で池のようになってしまっていました・・・

f:id:folliculogenesis:20220506112352j:image

晴れて乾いていれば、狸さんにもっと近づけます^^;

 

道中相模湖を見下ろせるスポットなんかもありながら・・・
f:id:folliculogenesis:20220506112332j:image

小仏峠からほどなくして、

 

小仏城山山頂に到着です!!
f:id:folliculogenesis:20220506112221j:image

小仏城山山頂には茶店が2店あります。かき氷がとても有名なんですけれど、この日は寒かったのでかき氷は食べませんでした。

 

GWから行われる恒例のスタンプラリーも開催されています!
f:id:folliculogenesis:20220506112344j:image

期間は6月末までなので、1日でなくて何日かかけてスタンプハイクを楽しむのもアリですよ。

 

そして茶店では、なめこ汁と味噌田楽、そして甘酒を購入し、先ほどのオニギリなどとともにちょっと遅めの昼ご飯を取りました。
f:id:folliculogenesis:20220506112316j:image

ちょっと遅めの時間でしたが、それでもお昼ご飯やおやつを楽しむ人で賑わっていましたねー。さすが高尾山の領域です。

 

こちらが小仏城山山頂からの眺め。本当にきれいです。
f:id:folliculogenesis:20220506112247j:image

小仏城山は、高尾山よりちょっと高い670.3mです。以前は天狗の置物があったのですがなくなってしまいました・・・あと、トイレは水洗の洋式が完備されていますよ~。

 

高尾山が近づいてくると「シャガ」というお花がたくさん咲いていました。
f:id:folliculogenesis:20220506112243j:image

なかなかきれいなお花ですよ。


そして、高尾山の麓までたどり着きました。
f:id:folliculogenesis:20220506112312j:image

高尾山側から来ると、この先は「裏高尾」なので登山装備をしていない人は行かないでね、みたいなことが書いてあります。まぁ、スニーカーの人も見かけますけれどね・・・できればトレッキングシューズの方が安全ですが、どうでしょうね。

 

そして、今までなかったメッセージ。マスクせよ、とのこと。

人とすれ違うことが少ない山道ではマスクしなくてもまぁ大丈夫なんですけれどね、高尾山は人気の山ですから、注意書きがありました。
f:id:folliculogenesis:20220506112253j:image

この看板の横に階段があり、階段を登りきると高尾山山頂です。

 

高尾山山頂直下には猫さんもいらっしゃいました=^_^=
f:id:folliculogenesis:20220506112340j:image

撫でても逃げない、かわいらしいニャンコさんでした♪


夕方も4時を過ぎていたので、高尾山山頂もかなり人が少なくなってきてはいましたが、まぁそれでもたくさんの人がいましたねー。
f:id:folliculogenesis:20220506112233j:image

高尾山山頂は599.15mです。スカイツリーが634mだからスカイツリーより低いという・・・

 

登山らしいことと言えば、三角点ですが。。。
f:id:folliculogenesis:20220506112319j:image

一応三角点タッチしてきました!

しかし手が浮腫んでいるな。。。水分不足ですね。よろしくないー(-_-;)

 

そして高尾山山頂からは薬王院を通って下山します。
f:id:folliculogenesis:20220506112239j:image

無事の下山とかを願ってから帰ります。

 

ケーブルカーに乗ればよかったのですが、混んでいたのと、体力的にはまだ大丈夫そうだったので一号路を歩いて下山しました。
f:id:folliculogenesis:20220506112328j:image

でもとても急な一号路。歩き出したらもう引き返すのも大変なほどの坂なんですが、ケーブルカー、待ってでも乗ればよかったな、と思えるほど辛かったです( ;∀;)

 

ペタペタと力なくトレッキングシューズを響かせながら、何とか下山。
f:id:folliculogenesis:20220506112301j:image

もう17時も過ぎていても人は多かったですね。さすが高尾山。そういえばまだ登っていく方もいました。ナイトハイクする方もいらっしゃいますしね。すごいなぁ、高尾山。

 

ちなみにですが。

ケモの副作用で足のシビレはずっとあります。やはり足が疲れてくるとシビレを強く感じました。

筋肉痛にはなってしまいましたが、それ以外、リンパ浮腫のようなことも起こらずに過ごすことができています。

脚は登山用の軽いスパッツを履いた上に長ズボン。そして登山靴下にトレッキングシューズ。脚はバッチリ保護して歩きました。

今後の登山も、足のケガには十分に気を付けて登らなければなりません。

あとはもう少し水分をまめに取って、手や身体の浮腫を防いだ方が良いかなというのが反省点でした。

 

何はともあれ、手術後ラスケモ後の登山、大成功でした!!!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

卵巣がん 抗がん剤治療(TC療法)による脱毛の記録

訪問ありがとうございます!

 

私が手術後に受けた抗がん剤治療は

【TC療法】です。

正式には、パクリタキセルとカルボプラチン。

婦人科がんではとても一般的な抗がん剤治療です。

 

1クールの時に薬についてと想定される副作用について書いていますので、

よろしければ覗いてみてください^^

ransounoushu-chiryo.hatenablog.com

ransounoushu-chiryo.hatenablog.com

 

とにもかくにも、パクリタキセルは脱毛が高度に起こりやすい抗がん剤であり、

カルボプラチンは脱毛が中程度に起こりやすい抗がん剤ですので、

婦人科がんでTC療法を受けることになるほとんどの方が脱毛します

 

あ、ちなみにですが、抗がん剤投与中に頭皮を冷やすと脱毛を防ぐ事ができる、という研究も行われています。まだ研究段階です。

私は手足しか冷却しませんでしたが(シビレ防止のため)、頭も冷やしたい!と、申し出たらやらせてくれるかもしれません。是非、抗がん剤投与のタイミングで担当の看護師さんや薬剤師さんに相談してみてくださいね!!

 

そして、髪の毛の脱毛はウィッグや医療用帽子、バンダナなどで外観上変化を付けられますし、治療が終われば生えてくると言われています。

 

脱毛って髪の毛だけはありません。

最初は私も大丈夫かな?少し減るだけかな?と思っていたのが、眉毛とまつ毛なんですが、4-5クールぐらいから乏しくなり、今やチョロッとしか生えていない眉毛とまつ毛です。

ちなみに眉毛は眉ティントとアイブロウと眉用マスカラでメイクしておりますし、まつ毛は付けまつげになれていないので、アイラインで見た目をフォローしています。

でも実際、汗をかいたときにダイレクトに汗が目に入ったり、実際の毛がないことによる弊害の方が気になるかなー。

あと、耳毛や鼻毛もありません。今はマスク時代ですから鼻毛とかは目立たないかもしれませんが、よーーくみると違和感あるでしょうね。

腕毛や脚毛は脱毛サロンに通っていましたが、今やスッキリツルツルです^^;

 

とはいえ、これから治療される方とかは今後起こるであろう脱毛がどのような変遷を経るのか、気になりますよね。

私のブログでは各クールのまとめとかに写真を載せてはあるのですが、ここで脱毛記録をまとめておこうと思いました。

 

ただ、いきなり頭の写真もちょっとえげつないので、お目汚し前にお花の写真でも^^


f:id:folliculogenesis:20220419161011j:image

f:id:folliculogenesis:20220419161014j:image

どちらも立派なお花ですよね。ボタンとシャクヤクです。

私のスマホは「しゃくやく」と打つと「芍薬甘草湯」って出てきちゃいますけどw

 

 

というわけで、本題です。

まずは1クール目から撮ってみました。

大体14-15日目から脱毛し始めるので、教科書通りでした。

ウィッグやケア帽子は治療前もしくは、最初の抗がん剤から10日目ぐらいまでに用意しておくと安心ですね。

f:id:folliculogenesis:20220419101748j:image

 

2クール目以降はそんなに変わっていない気もしていたのですが、並べてみると徐々にさらに脱毛が進んでいることが分かります。
f:id:folliculogenesis:20220419101803j:image

 

3クール目以降も然り。微妙なんですが、徐々に減っているんですよ。
f:id:folliculogenesis:20220419101757j:image

 

角度によって微妙に違うかもしれません。一応経時的なんですが、前髪や横髪も徐々に徐々に減ってきました。
f:id:folliculogenesis:20220419101751j:image

 

もう、ここまでくるとほぼ変わらないかなぁ。抗がん剤治療中なんども頭皮の湿疹にも悩まされました。処方してもらったお薬ですぐに治るんですけれどね。
f:id:folliculogenesis:20220419101753j:image

 

最終的に、6クール目になってもチョロリと髪は残っています。

前と横がやはり少し多いかな。

剃らない場合、完全になくなってツルツルという事にはならないみたいですよ。

こういうちょろ毛が嫌だと思う方は剃っている方が多いですね。

私は美容師さんにも相談して剃らない方を選びました。

f:id:folliculogenesis:20220419101800j:image

 

抗がん剤が終わって1か月が過ぎましたが、相変わらず産毛が生えている程度です。

産毛は実は、各クール毎に生えていたのですが、気が付かないうちに脱毛していた模様。なので、今回の産毛はそのまま残るのかなぁ、伸びていくのかなぁと、やんわり期待しています^^;

 

今も継続して写真を撮っています(毎日じゃないけど)。今後はどのように髪が生えていくのか、また、ある程度写真が溜まって、髪の毛が生えてきたなというのが分かるようになったら、ブログにアップしようと思っています!!

 

育毛剤とかは髪が生えてからじゃないと意味がないと聞いたことがあります。その辺りも美容師さんに相談かなー。

 

ちなみにですが、今の副作用の悩みは、髪の脱毛よりも、足のシビレです。1番の悩みどころかな。ま、歩けますけどね…(^◇^;)

卵巣がん【明細胞がん】ラスケモ後の診察と今後

本日は術後半年の記念すべき(?)日です。

ちょうど半年前、私は手術を受けておりました。

朝イチのオペで、歩いて手術室に向かい、硬膜外麻酔をされ、、、

  ~~~ タイムトリップ!! ~~~

気が付いたら、否、起こされたら知らないお部屋 (外科手術後患者専用部屋)のベッドの上。

先生が私の顔を覗いている気がする。

 

そこで私はボンヤリと思い出す。

先生曰く、卵巣がんではなく良性だったら、手術は午前中に終わる。

ドレーンとかも付いていない状態で、退院は割と早い。

でも、術中迅速検査にて卵巣がんと診断されたら手術は夕方までかかるかも。

両下腹部からドレーンを付けて排液します、と。

あ・・・・・。もう夕方じゃない?あれ、時間かかったんだな。

あ。。。。。ドレーンついてるじゃん。やっぱりガンだったのか、私。

などとボンヤリ考えていたら夫が来て、やはり癌だったと教えてくれた。卵巣と子宮の癒着が激しくて、イキナリ全摘に変更したんだってよって。先生、疲れてたよ〜って。

そして、ステージはICだって言ってたと思う、と。

 

なんとなく、15年前の手術と同じように良性だったら良いなという淡い期待はあっさり捨てられ、

私が頼った先生と久しぶりに再会したとき(初診時)の先生の険しい顔、そして手術が終わり安堵している先生の表情を見て、

あぁ、私はがん患者さんになっちゃったんだなぁ、と実感した日

それが半年前の今日でした。

 

そして我が家に以前いたニャンコさんは、私が退院した日に具合が急変し、そのまま翌日に虹の橋の向こう側へ。

この時は様々なことのショックが大きすぎて、何とも言えないどうしようもない心情で毎日を過ごしていました。

私よりショックが大きかった夫を励ますべく、なるべく生前の楽しかったニャンコの思い出を多く話したりして過ごす日々。

 

ニャンコのいない生活。

それはそれは寂しい毎日でした。

で・・・。ケモが終わろうかとしている日に何気なく見ていた保護猫のサイト。

そこで一目ぼれしてしまったニャンコさん。

名前も先住さんと似ているし、キジトラなところも似ている。

いや、先猫と比べちゃダメなのはわかっている。

でも、やっぱり気になる。

 

そんなわけで、この子がいる譲渡会でお見合いをさせていただき、

その後あっという間に我が家へ来てくれたニャンコさん。

ケモ後の私を癒してくれる存在。

もうすっかり家族となったニャンコさんを紹介します!!

f:id:folliculogenesis:20220415143853j:image

譲渡会でも「美人さん」なんですよ、の触れ込み通りの美人さん(笑)

本人はそんなことを気にせず、とってもお転婆な娘です^^

 

彼女自身は、多頭飼育崩壊からレスキューされた経緯があります。

レスキューされた直後は生死をさまようほどに衰弱していたそう。

でもレスキューされてからまだ一年も経っていないけれど、

小さいながらにとっても元気。良く食べ良く出しw良く寝て過ごしていますよ(=^・^=)ノ

f:id:folliculogenesis:20220415143919j:image

ストーブの上がお気に入りなんです。ニャンコさん、寒がりですよね~。


さて、ラスケモ後の診察のお話をしなければなりませんね^^;

前置きが長すぎましたーw

 

まず、先日撮影した造影CTの結果は異常なし

なんか今更、普通の人より静脈が1本多いとか謎なことを言われましたが、それと卵巣がんは関係ありません。

で、血液検査の結果は。

f:id:folliculogenesis:20220415143856j:image

腫瘍マーカーも正常範囲内。ちょっと上がっている気もするけれど、気にする必要はないのだそうです。

 

そんなわけで、卵巣がんに関しては経過観察に突入しましたー(/・ω・)/

 

卵巣がんに関しては・・・なんて思わせぶりな言い方。そうなんです。そのほかに問題が。

まず、ケモで弱っているらしい私の抵抗力により、前回も書きましたが帯状疱疹を患ってしまっています。お尻の頬っぺた、座るたびにまだほんの少し痛みます(T T)

 

そして。問題はコレステロール!!

悪玉コレステロールです〜!!!

私は元々コレステロール高めでした。そして母も祖父も高かった。

だから、食事とか運動とかしても簡単に下がらないよ、と、内科医から言われたことがあります。

一応、食事とかは結構前から気をつけています。

が、卵巣摘出はトドメを刺しましたねー。

卵巣を摘出すると女性ホルモンが少なくなるので、コレステロール上がるんですよ、元々高くなかった女性だとしても。

コレステロールからホルモンって作られますからね。ホルモンが作られなくなったらコレステロール、溜まっていく一方ですからね。

 

そんなわけで、しばらくはコレステロールを下げる「スタチン」というお薬を試し飲みです。

 

色々いわくがあるスタチン製剤ですが、先生いわく、明細胞がんに効くという説も一応あるんだよね、と。

 

で、調べました。確かに卵巣がんにスタチン製剤が効くという論文、ありました。少し前に出ていました。

明細胞がんに効くっていう論文は見つけられなかったんだけど、先生〜!!(笑)

 

そんなわけで、嫌われがちなスタチン製剤、卵巣を摘出してコレステロールが高くなってしまった場合、摂取する価値、あるかもです!

 

そんなわけで、卵巣がんに関しては恐らく3ヶ月に一度程度の経過観察だと思いますが、

コレステロールのせいで、次の診察は1ヶ月後です。

 

#卵巣がん #抗がん剤治療後

 

 

 

 

卵巣がん 抗がん剤治療【TC療法】6クール目 『ラスケモ』副作用まとめ

今回、6クール目のラスケモを終えてから、

そういえば7クール目がないので副作用をまとめておく日付がないことが分かりました(苦笑)

 

抗がん剤と言えば、蓄積することが有名ですよね。

私自身、看護師さんとか薬剤師さんから「蓄積するよー」と言われていたので覚悟していましたが、やはり蓄積の結果、最後の6クール目が一番慣れていそうで、一番副作用のしんどい期間が長かった気がします。

そんな日々の変化について、今回も写真をベースにお送りします。

 

ちなみに、すっかり春めいた最近ですが、雨が降って寒くなったりまだまだ三寒四温の東京。お花たちは暖かくなったタイミングで一気に咲いてしまった感がありますが、なんとか散る前に撮れたシャクナゲのお花をバックに作成しました🌸

 

f:id:folliculogenesis:20220415143718j:image

それでは写真を楽しみながら副作用の経過をどうぞー!!

 

4クール目、5クール目どちらも左腕に点滴を行ったことで、5クール目には血管痛が勃発。点滴漏れは無かったとはいえ、左腕の痛さは結構後を引きました。

f:id:folliculogenesis:20220415143736j:image

吐き気はない。でもなんか口の中が気持ち悪い。食欲はあったりなかったり。

食べると胃もたれ。そんな感じが初日から訪れました。

そして、右腕に投与したのに前回血管痛が出た左腕が痛む不思議。

まだまだ左腕の血管は前回の状況を引きずっていたようです・・・

 

そして、ケモの蓄積を感じる出来事が早速。
f:id:folliculogenesis:20220415143730j:image

二日目はお仕事デーにしていましたが、何となく朝から倦怠感。そして胃もたれ

仕事を休みたいほどではないけれど、絶好調ではありませんでした。

 

3日目は例によってジーラスタ投与日。朝から微熱があり、さっそく脚が痛い。

今回は全体的に副作用が早く訪れている気がします。

 

安定のマックス調子が悪い日が4-5日目。

鏡で自分の顔を見たらひどい顔wなんとも生気がない私。

f:id:folliculogenesis:20220415143733j:image

食欲もないのに顔はむくみまくり。こんな日は休んでいるのがベストですね。

 

6日からは仕事復帰の予定でしたが・・・
f:id:folliculogenesis:20220415143727j:image

6日目の朝には微熱があるし動悸はするし、これは仕事する感じじゃないため

急遽休みを申請しました。そして結局お休みしたものの、夕方からは何となく復活の兆しがありました。

なので、7日目には仕事復帰です。もちろん痛みとかはありますが。

 

8日目・9日目は例によってジーラスタの副作用祭りです。

ケモだけだったらこんな痛みはないのでしょうか。

そして全身かゆい。これは花粉のせいかもしれません。

さらに、今までさんざん消毒してきた私の手ですが、突然手湿疹になってしまいました。毎日のように何度も手を洗い、アルコール消毒してきた私の手が、ハンドウォッシュで洗うだけで痒くなる。結構厄介でした。
f:id:folliculogenesis:20220415143738j:image

 

13日目、このころにはもはや抗がん剤の副作用というより、ただの花粉症じゃないかっていう症状が続きました。ただ、いつもよりも全身症状はひどいかも。鼻水とかはむしろ少なかったわけですが・・・

そして15日目の診察にて、つにお寿司解禁!!今までずっとお寿司や生ものを一応避けていたのですが、避けなくてよいといわれました~!!もちろん、その日の夜はお寿司を食べましたとも^^
f:id:folliculogenesis:20220415143742j:image

 

抗がん剤投与後三週間が経とうという頃、突然左の太ももの一部に痛みを感じました。刺すような痛み。リンパ浮腫の前触れかと思いヒヤヒヤしました。

顔や手足は浮腫みますが、脚の浮腫みはなさそう。一体なぜ・・・?

その答えは後からわかりました。f:id:folliculogenesis:20220415143721j:image

左脚の刺すような痛み。でもすぐに落ち着いた痛み。脚の浮腫みはないからリンパ浮腫ではなさそう。そしてお尻が痛い。最初は痔かな?と思っていた。問題ないとはいえ若干白血球は少ないですし、抗がん剤の後遺症であり得ること。そしてお尻の頬っぺたのかぶれ。最初は一か所かと思っていたら翌日には広がりました。主に痒みです。肛門の方は驚くほどの痛み。うーん。痔の薬も効いていない気がする。

答えは・・・。帯状疱疹でした!!

恥を忍んで先生に相談したら、お尻の頬っぺたのかぶれを診て、帯状疱疹と。

なかなかガッカリなエピソードでした。

様々なマイナートラブルが続いた6クール目でしたが、春ということもあり私の身体はとても過敏に反応していた模様。

足裏のしびれは相変わらず続いています。抗がん剤の副作用らしいものと言えば、このしびれぐらいかもしれません。特に夕方になるとしびれが強くなる気がしますね。

これは、後を引きそうです・・・。

 

 

そして私の6クール目の脱毛の変遷写真はこちらです・・・
f:id:folliculogenesis:20220415143724j:image

少しずつ、少しずつ減ってきているようですが、完全になくなることはありませんでした。6回脱毛しやすい抗がん剤を投与しても、少しは髪残っているものですね。

 

以上、6クール目の副作用エピソードでした!

「がん患者における妊孕性温存治療の今後の動き」というシンポジウムを受けて。【がんと妊孕性について】

はじめに断っておきます。

私は卵巣がんの患者です。手術の際に患部の左卵巣だけでなく、ガッツリ癒着していた子宮、そして右の卵巣も摘出しています。

つまり、子宮も卵巣もありませんので、今後妊娠することは現実的には不可能です。卵子提供と子宮移植、もしくは借り腹をすれば授かれるけれど、もう私の因子は一つも含まれませんし、現実的ではないですからね・・・

だから、私のことではありません

私のことではないけれど、私が関係する分野のシンポジウム。

以前は真面目に聞いていなかった(ごめんなさい)んですが、自分が「がん患者」になって改めて勉強したくなりまして、勉強し始めました。

せっかく自分の分野の話ですし、しかも私はがん患者。患者としても医療者としても取り組みやすいお話なので、これからの私の課題にしようかと思ったんです。

 

そんなわけで

「がん患者における妊孕性温存治療の今後の動き」

というシンポジウムをオンラインで受けました。

私の勤務先、再びオンサイトで学会出席不可能になっちゃったんですよね・・・

 

f:id:folliculogenesis:20220405143542j:plain

日本A-PART 学術講演会 プログラム

 

まず、皆さん「妊孕性」ってご存じでしょうか。

最近はすっかり「妊活」も普通のキーワードになってきているのでご存じの方も増えたかもしれません。

 

妊孕性とは、「妊娠する力」です。女性だけの問題ではありません。男性も大きくかかわりますし、子宮や卵巣、精巣の問題だけでなく、内分泌(ホルモン)や性機能なども関わることです。

 

そして、妊孕性温存治療、妊孕性温存療法とは、「がんなどの治療でで妊孕性が失われる可能性がある場合、その治療をする前にあらかじめ妊孕性を保っておく」治療です。

 

具体的には、卵子精子、受精卵などを治療前に凍結保存しておくこと。場合によっては卵巣や精巣の凍結保存の可能性もあります。現在の治療は主にこれらを示します。

 

私は明らかに勉強不足なので、今回のシンポジウムで、そうなのかぁと頷くことがたくさんありました。そして知らない人がいるのなら、なるべく早く皆に伝えたいと。

 

まず、この4月から不妊治療が保険適用されましたが、妊孕性温存の治療には保険は適用されません。その代わり、助成金制度があります。

各所在地別に案内がありますので、都道府県のHPから「妊孕性温存」などとキーワードを入れることにより詳細を見られると思います。

参考までに、東京都のHPは・・・

www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp

 

妊孕性温存治療を受ける方は、主にがん患者さんですが、がん患者だけではありません。たとえば、再生不良性貧血であるとか全身性エリテマトーデスの患者さんなども含まれます。要するに、お薬によって卵子精子に影響を受ける患者さんが対象なんですね。

昔は、がんになったら、まずはその治療。命あっての物種、妊娠?何言っているの?みたいな世の中でしたが、時代は変わりました。

乳がん患者さんの場合は、2010-2014年に治療している方の10年生存率(あれ?2014年はまだ10年経っていないけど・・・・)は実に95%以上なんです。

がんになっても今はがんサバイバーとしてその後の人生も長いわけです。だから子供を授かることができる身体であれば、ぜひ妊娠・出産をしていただきたいというのが国の(?)方針でもあるわけですね。

 

ちなみになんですが、stage IVの方ですとか、再発した方は残念ながらガンの治療が先です。妊孕性温存治療を即受けるというわけにはいかないそうです。

 

大体の目安は、抗がん剤治療が終わって2年ぐらい経過観察して問題なければ、妊娠に向けての治療を再開して良いそうです。

 

さらに、妊孕性温存治療を受けず、がん治療後の経過観察中になんとなくタイミングをとって、自分で妊娠しようとする人はなかなか授からず、やはり積極的に生殖医療(不妊治療)を行う方が妊娠していたそうですよ。

 

また、卵巣がんをはじめとする婦人科がんの手術をしただけは助成金は受けられず、抗がん剤治療をしていないと対象にならないんですね。抗がん剤治療をすることによって卵巣がダメージを受けるからです。ちなみに、子宮体がんの放射線治療も対象になりますが、体がんのホルモン療法だけだと対象にならないそうです。とにかく、ダメージを受ける可能性がある方が、妊孕性温存治療を受けて助成金も頂けるそうです。

あ、助成金の場合は年齢制限もありますよ。不妊治療の保険対象(助成金対象)と同じで43歳未満です。

 

卵巣がん患者さんは妊孕性なんて・・・と、ハナから諦める方もいらっしゃるかもしれませんが、両側卵巣がんはNGなんですが、例えば、片側卵巣がんで、片側は境界悪性である場合は、妊孕性温存治療を受けられる可能性があるそうです!!

 

とにかく、がんを患ってしまった。でも今後、子供を授かりたい。

そんなことを考えたら、即医師に相談しましょう!!

 

最後に、妊孕性温存治療実施施設一覧のリンクを張っておきます。

私の勤務する病院は載っていません。これから整備するところです^^;

a-part.jp

 

 

 

卵巣がん 抗がん剤治療(TC療法) 6クール 【診察日】

 

こんにちは!

訪問してくださってありがとうございます(^・o・^)ノ"

 

ケモの副作用禍から抜け出したとは言え、手足の痺れは相変わらず続いており、

時々手先や足元がおぼつかないとは言え、仕事も普通にこなせるようになったケモ後2週間で血液検査と診察がありました。

 

とは言え予約の都合上、造影CTはまだ先に受ける予定で、今回の診察はケモ後の副作用確認のための診察だった模様。

まだラスケモ後とは言え、ハッキリと今後の予定を断定できないもどかしさがある診察日でした。

 


f:id:folliculogenesis:20220331163706j:image

f:id:folliculogenesis:20220331163709j:image

f:id:folliculogenesis:20220331163713j:image

 

世間は春爛漫!!思わず綺麗なお花は写真に収めてしまいますね⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 

と言うわけで、唐突ですが今回の血液検査結果です!

f:id:folliculogenesis:20220331163847j:image

ジーラスタの効果バッチリ。

副作用乗り越えただけはあります。好中球問題なし。白血球大丈夫♪

 

今回2本採血したのに、腫瘍マーカー無かった...

 

だから、なんかイマイチな診察デーだった気がします(・_・;

 

内診やエコーは問題なし。

 

そんなわけで、私の質問タイム。

 

①お寿司とかナマモノとか食べて良いか?

→問題ないよー。気にしすぎだよー

 ...え。気にしすぎでしたか?だって好中球ギリギリだったじゃん…

 

②山に行きたいけど、機能性タイツとかスパッツ履いた方が良いの?履いて良いの?

→履いた方が良い。リンパ浮腫防止のためにも、とにかく生足はNGだし、脚の怪我だけは気をつけてね、と。

 …流石に登山は生足じゃ行きませんってw

 

③標準治療後はどんな感じで過ごすの?

→とりあえず造影CT撮って、腫瘍マーカーと合わせて結果に異常がなければ、しばらくは3ヶ月に一度の診察かな。腸閉塞には気をつけてね!

 …造影CTの予約は来週ですよ、先生wそして私は快腸快便なんですよ、術前も術後もwww

 

と言う感じのお話でした。

たいした質問をしていなくてごめんなさい。

 

でも!でも!!でもー!!!

私には嬉しい、寿司解禁の話٩(ˊᗜˋ*)و

そんなわけでさっそく…

f:id:folliculogenesis:20220401224437j:image

東京ではソコソコ有名な美登利寿司のテイクアウトにてお寿司をゲットしたのちに帰りました。

約半年ぶりのお寿司。

美味しかったなぁ〜(˘ڡ˘)

 

寿司解禁が憧れであり楽しみでした。

これからケモ後の生活が始まりますが、制約ほぼ無しだったら嬉しいなぁ。

今のところ、食事は制限なしですが٩(ˊᗜˋ*)و

 

来週の造影CTは、やはりちょっと緊張しちゃうかもですね( T_T)\(^-^ )

 

#卵巣がん #明細胞がん #抗がん剤治療